奥野氏のスカウトマンとしてのノウハウ

奥野高徳氏は業界では知らない人がいないほどの凄腕スカウトマンです。
伝説のスカウトマンと言われており、多数のキャバクラ嬢を有名にしています。
奥野氏の見た目は夜の仕事のイメージとは違い、爽やかで優しそうな印象だといわれています。
おっくん、と愛称で呼ばれておりキャバクラ嬢の人気も高いそうです。

奥野氏の出身は東京で、学歴は日本大学法学部です。
家族構成は父親とお姉さんが2人と妹が一人で、母親は亡くなっています。
兄弟の中で男性は自分一人だけですので、女性との付き合いは慣れていたのでしょう。
奥野氏の父親はキャバクラの経営者です。
13店舗も経営していましたので、忙しそうな毎日だったといいます。

奥野氏は小さい頃に父の付き添いで、経営しているキャバクラに出入りしていました。
そこに在籍している女性と色々な話をしていたそうです。
しかし、奥野氏は父の後を継いでスカウトマンになったわけではありません。
大学生になった19歳の頃に、キャバクラのスカウトマンをやってほしい、と依頼されます。
その待遇が好条件だったため、黒服として働くことになったのです。
スカウトマンとしては成功をおさめ、20歳で60万円稼ぐほどになりました。

のちに条例が厳しくなったことでスカウト活動ができなくなり全国展開を諦めることになります。
そして様々な業種をてがけることになったのです。
しかし、もっとしっかりしたスカウト会社が必要、と2014年にキャバ求を立ち上げました。

TOPへ戻る